ニュース検定とは
N検がココに効く!
一般受検
団体受検
団体受検とは
実施の流れ・お申し込み
N検の時事問題学習
中学校・高校ご担当者様へ
大学・短大・専門学校ご担当者様へ
塾・予備校ご担当者様へ
企業・団体ご担当者様へ
新共通テストとN検
活用事例
月イチ時事サポート
N検セミナー
団体表彰
Q&A
資料請求・お問い合わせ
公式教材 問題例
企業・団体ご担当者様へ

 IT化やグローバル化により、世に流通する情報量はかつてないほど膨大になりました。玉石混交の情報洪水から必要な情報を正確に取捨選択して仕事に生かす情報感度の格差は、むしろビジネスパーソンの中で広がりつつあります。特定の分野に偏ることなく世の中の重要な流れをバランスよく出題するN検は、情報感度の中核を成す時事力を高める効率的なツールとなります。

 

人材育成にN検をご活用ください

■社会で重視されるのは、コミュニケーション能力や基礎学力

 厚生労働省が企業を対象に行った、「若年者の就職能力に関する実態調査」では、採用時に重視する能力を尋ねたところ、「コミュニケーション能力」を重視する企業が85.7%と最も多く、「基礎学力」(70.8%)や「資格取得」(56.3%)も上位にあがりました。企業が若年者の就職に関して特に重視している「コミュニケーション能力」、「基礎学力」といった能力の修得には、若年層に社会への関心を植え付け、理解力を高める人材育成の取り組みが必要です。

 
■ビジネスでも求められる「ニュースを読み解く力」の育成に

 企業の教育・研修ご担当者によると、人材育成のプログラムを構成する際にもっとも悩ましいのは、「専門的な知識では補えない分野をどう強化するのか」、「興味・関心が偏りがちな社員の視野をどう広げるか」、「コミュニケーション能力をどう高めるか」といった、目に見えにくく教材も少ない「一般常識」をいかに蓄積させるかといった点だといいます。ニュース検定は、「第一線の新聞記者で構成されたスタッフが、今を読み解くために必要なテーマを厳選してバランスよく出題」しており、現代の忙しい社会人も、注目の時事ニュースの全体像から個別のテーまでを短時間で学習できるように設計されています。すでに複数の企業で、研修や人材開発にご利用いただいています。

■ニュース検定の活用のご提案

 企業の新入社員研修にニュース検定を導入することを検討されるのであれば、まず内定者に対して、内定期間中も緊張感を持って過ごし、一般常識を身につけさせるために11月の検定をお勧めします。

 2月に内定者研修を企画しているのであれば、研修会場を準会場として申請し、団体受検を行うこともできます。

 4月の新人研修では、公式テキストによる自学自習を促すことも可能です。研修が一区切りつき、OJTで各職場に散った社員たちに対しては、6月の一般会場での受検や、社内での団体受検を通じて、日々の自己研鑽の姿勢を早くから身につけさせることが期待できます。

 フォロー研修、2年目以降の研修を通じ、日頃から一般常識の大切さを確認させるためにも、ニュース検定を研修メニューや、プログラムに追加することをご検討ください。

 

企業でのN検活用事例
N検の活用事例
社会人の合格体験記
合格体験記

個人情報の取り扱いについて

主催:日本ニュース時事能力検定協会など
The society for Testing News Proficiency

Copyright The society for Testing News Proficiency. All rights reserved.