過去の検定問題

3級出題

問1

日本国憲法の内容として正しいものを、次から一つ選びなさい。

1. 「環境権」を明記している。
2.参議院議員を「都道府県の代表」と定めている。
3.衆議院議員の過半数の賛成により、憲法改正を発議できる。
4.自衛隊の存在を明記した条文はない。

問2

日本銀行(日銀)が、世の中に出回るお金の量を増やしてお金の価値を下げ、物価を上げるために実施している政策を何といいますか。次から一つ選びなさい。

1. 財政政策
2.金融引き締め
3.金融緩和
4.規制緩和

問3

国の「社会保険」は、民間の保険会社による保険サービスと比べて、どのような特徴がありますか。正しい説明を次から一つ選びなさい。

1. 加入者が納める保険料だけで運営される。
2.個人は加入できない。
3.国や地方自治体もお金を出している。
4.税金は一切使われていない。

問4

インターネットを通じて被害が相次いでいる「フィッシング」の例として、正しい説明を次から一つ選びなさい。

1. サイト上のボタンをひと押ししただけで、知らないサービスに勝手に登録され、登録料を要求された。
2.身に覚えのないサイトの使用料を請求するメールが届き、お金をだまし取られた。
3.実在する銀行や役所などを装うメールが届いた。偽のサイトに誘導され、パスワードなどを入力させられ、盗まれた。
4.届いたメールの添付ファイルを開いたところウイルスに感染し、個人情報が流出した。

問5

国連は、世界全体で取り組む「持続可能な開発目標(SDGs)」を掲げています。目標達成へ向けた取り組みの例として、誤っているものを次から一つ選びなさい。

1. 女性が社会で活躍できるよう、環境を整備する。
2.国々の間の格差をなくす。
3.環境保護よりも経済的な成長を重視する。
4.だれでも教育を受けられるようにする。