検定内容

ニュースを初めて学ぶ人を対象に、検定の入門編となる5級から、多角的により高いレベルでの知識を問う1級まで、6段階に分けて実施します。 各級の目安や出題範囲、過去の出題例を参考に受検級をお決めください。

各級の目安

受検対象の目安 程度
1級 高校生大学生・一般 新聞の社説レベルの記事も読み解き、社会や自分の新たな課題を設定できる。
2級 高校生大学生・一般 ニュースを批判的に読み解き、自分なりの意見を導ける。
準2級 中学生高校生大学生・一般 さまざまなニュースを、現代社会の諸問題と関連づけて理解できる。
3級 中学生高校生大学生・一般 基本的なニュースを、社会の仕組みの中に位置づけて理解できる。
4級 小学生中学生高校生 新聞やテレビのニュースに関心を持ち、自分の暮らしと結びつけて考えられる。
5級 小学生中学生 国内を中心に、社会のルールやできごとに関心を持つ。

検定内容

検定時間
各級50分
設問数
各級45問
出題形式
1級
四肢択一(マークシート)
一部記述
2〜5級
四肢択一(マークシート)

合格基準 ※配点は非公開です。

1級 80点程度 / 100点満点
2〜5級 70点程度 / 100点満点

出題範囲

各回、検定日の約1ヶ月前(目安)までのニュースを、 [ 政治 / 経済 / 暮らし / 社会・環境 / 国際 ]の五つの分野から出題します。 なお、2018年度版公式テキスト・問題集・ワークブックは原則として2017年末までのニュースに基づいて編集していますが、一部のテーマはそれ以降の動きも踏まえています。2018年度に実施される2〜5級の検定問題は各回約6割がこれらの公式教材から出題されます。