ニュース検定とは
N検がココに効く!
一般受検
団体受検
団体受検とは
実施の流れ・お申し込み
N検の時事問題学習
中学校・高校ご担当者様へ
大学・短大・専門学校ご担当者様へ
塾・予備校ご担当者様へ
企業・団体ご担当者様へ
新共通テストとN検
活用事例
月イチ時事サポート
N検セミナー
団体表彰
Q&A
資料請求・お問い合わせ
公式教材 問題例
団体受検とは
■2017(平成29)年度団体受検日程
検定回 検定日 申込受付開始 申込締切(必着) 検定会場
第37回 平成29年
6月16日(金)
6月17日(土)
平成29年
4月25日(火)
平成29年
5月19日(金)
準会場
6月18日(日) 準会場または一般会場
第38回 平成29年
9月1日(金)
9月2日(土)
平成29年
6月19日(月)
平成29年
7月28日(金)
準会場
9月3日(日) 準会場または特設会場
第39回 平成29年
11月17日(金)
11月18日(土)
11月19日(日)
平成29年
8月21日(月)
平成29年
10月20日(金)
準会場
11月26日(日) 10月27日(金) 準会場または一般会場
第40回 平成30年
2月9日(金)
2月10日(土)
平成29年
11月27日(月)
平成30年
1月12日(金)
準会場
2月11日(日) 準会場または特設会場

※第37回検定の申込受付開始日が変更になりました

■団体受検のお申し込み

団体WEB申込コードをお持ちの方はコチラ
団体責任者の方はコチラ

■団体受検とは

一定の条件を満たせば、団体単位でまとまって受検することができます。
団体割引料金が適用されるほか、申込団体の学校や事業所などの準会場での検定実施も可能です。

申込資格

●学校教育法に定める学校(専修・各種学校を含む)
●各省庁所轄の学校
●官公庁、上場企業(またはこれに準ずる団体)
※学習塾など上記に定める以外の団体は、団体登録申請時に協会事務局の承認が必要となります。

実施可能人数 志願者5名以上(併願者がいる場合延べ人数)
※分散実施(*1)の場合は、実施拠点ごとに志願者5名以上
検定会場 検定回ごとに、準会場または一般会場のいずれかからお選びいただけます。
※分散実施(*1)の場合は、実施拠点ごとに選択
(*1)分散実施…各地のキャンパスや校舎など、団体内で複数の実施拠点を設けて分散して検定を行うこと。
以下の項目は、受検会場の種類により異なります。
 
準会場
学校や事業所など、申込団体が独自に設定する会場
一般会場
全国の主要都市に設置される会場
検定日 上の検定日程からお選びください。
※指定日以外での実施はできません。
※同一検定回で複数の日に実施することはできません。
以下の日程のみの実施となります。
<第37回>6月18日(日)
<第39回>11月26日(日)
検定実施時間 規定の検定時間50分を遵守して、各会場ごとに開始時間を設定できます。
※ただし、右記の一般会場検定日と同日に実施する場合は、以下の時間帯で実施していただきます。
【準2級・4級】13:00〜14:00
【2級・3級・5級】15:00〜16:00または14:30〜15:30
【1級・準2級・4級】13:00〜14:00
【2級・3級・5級】15:00〜16:00
受検できる級 2級〜5級
※団体として準会場実施を選択した場合にも、1級の志願者のみ一般会場で受検することができます。
1級〜5級
※1級は、準会場受検との併願はできません。
申込責任者様の責任で行っていただく内容 (1)志願者の募集 (2)申し込みのとりまとめ
(3)出願と検定料の支払い (4)検定会場の確保
(5)検定問題の管理 (6)受検票の配布
(7)試験監督 (8)答案用紙の回収と返送
(9)結果通知の配布
(1)志願者の募集
(2)申し込みのとりまとめ
(3)出願と検定料の支払い
(4)受検票の配布
(5)結果通知の配布
※検定料など詳細につきましては、資料をご請求の上、「団体受検実施の手引き」をご参照ください。
資料請求・お問い合わせはこちら

個人情報の取り扱いについて

主催:日本ニュース時事能力検定協会など
The society for Testing News Proficiency

Copyright The society for Testing News Proficiency. All rights reserved.